熊本県産業技術センター

トップページ > リソース&ライブラリ > ケーススタディ

焼酎蒸留もろみで作るお酒と調味料 「繊月酒造株式会社」

クエン酸・各種アミノ酸・ビタミン類などの有効成分を多く含んだ、焼酎蒸留もろみを有効利用するため、新しいタイプのお酒と調味料の開発を行いました(特許出願中)。

研究内容

・甘酒麹を用いて糖化熟成させた「本みりん」の試作
・酵母と甘酒麹を用いて発酵させた「発酵タイプみりん」の試作
・清澄化した蒸留もろみを用いたリキュールタイプのお酒の試作
・これらの試作品の機能性を分析

“新規リキュールと調味料”

発酵や糖化を経ることよって、蒸留もろみ特有のクセをうまく抑え、風味の良い製品になりました。

血圧上昇抑制の効果を示すACE阻害活性は、市販の本みりんが5%に対し、発酵タイプのみりんは60%の活性がありました。また、発酵タイプのみりんは、市販みりん風調味料の約4倍の抗酸化能を有しており、既製品にはない特徴を有しています。

問い合わせ先

電話:096-368-2117(総合相談窓口)
   096-368-2101(産業技術センター代表)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。