熊本県産業技術センター

トップページ > リソース&ライブラリ > ケーススタディ

甘夏アールグレイ開発を支援 -甘夏ミカン精油の取得と紅茶葉へのフレーバリング- (株)福田農場ワイナリー・みなまた茶組合

 水俣芦北地区での新しい地域ブランド立ち上げによる産業振興への取り組みを支援

支援内容

・平成17年3月の九州新幹線及び肥薩おれんじ鉄道の開業1周年に合わせ、(株)福田農場ワイナリーとみなまた茶組合がフレーバー紅茶の共同開発を計画。
・当センターは、水俣芦北地区の特産品である甘夏ミカン果皮からの精油(アロマオイル)の抽出技術と、精油による紅茶のフレーバリング技術を指導して開発を支援。
・平成17年2月より、福田農場(水俣市)や観光物産館等で販売中。

“甘夏アールグレイ” 「(株)福田農場ワイナリー・みなまた茶組合」

無農薬栽培の甘夏ミカンの果皮から抽出した精油(アロマオイル)により、 水俣産無農薬紅茶に柑橘のさわやかな香りを付けました。

「紅茶と甘夏の特徴を活かし、 安心・安全な水俣らしい商品 ができた。他の柑橘類の利用 も考えたい。」 (株)福田農場ワイナリー福田代表談 熊本日々新聞H17.2.16記事 “水俣の味を生かした新紅茶「甘夏 アールグレイ」誕生“より

(財)水俣・芦北地域新興財団 助成事業による開発成果

問い合わせ先

電話:096-368-2117(総合相談窓口)
   096-368-2101(産業技術センター代表)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。