熊本県産業技術センター

トップページ > リソース&ライブラリ > ケーススタディ

遠隔監視ロボット「ライボット」の開発 -ものづくりITシステムによる新製品開発- 「横場工業 株式会社」


自然災害発生時やセキュリティを確保するため、最新の状況を遠隔操作で監視できる新しいカメラシステムの設計開発の指導依頼がありました。

支援内容

・三次元CADを利用した製品の構造設計
・光造形装置を利用した試作品作成・検証
・小ロット生産に対応したシリコンゴム真空注形型作成による、大幅なコストダウンの達成
・CAE解析を利用した設計最適化、強度検証シミュレーション予測
・CAD/CAM/CAE等を利用した効率化による設計開発期間の短縮

“Li-bot(ライボット)” 「横場工業 株式会社」

無線による遠隔監視という特徴により、設置場所の制約が少ない製品です。(市町村の防災監視、アーケード内防犯、県営駐車場、幼稚園、イベント広場などでも利用されています。)

本製品開発には平成16年度新事業創出ものづくり支援事業費補助金を利用しています。

問い合わせ先

電話:096-368-2117(総合相談窓口)
   096-368-2101(産業技術センター代表)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。