熊本県産業技術センター

トップページ > リソース&ライブラリ > ケーススタディ

排水処理用分離膜モジュールの作製技術 -膜モジュール開発によるニュービジネスへのチャレンジ- 「緒方工業株式会社」

回転膜分離用膜モジュールの作製について、自社で製造する技術を確立し、環境分野での事業化を目指したいとする意向によるものです。

支援内容

・熱を用いた様々な接合技術の検討。
・高周波を用いた内部加熱による接合技術の可能性について検討。
・迅速かつ均一な溶融による接合信頼性の高い、分離膜モジュール作
 製のための高周波溶着技術を確立。

“高周波溶着法の実用化” 「緒方工業株式会社」

高周波による内部加熱の ため接合部が均一になりま す。

従来の接着剤による接合法と比較して、迅速に接合 することができます。ヒートシールによる接合 法と比べ、接合部周辺の分離膜のダメージが少なくな ります。

【特許】  特願2003-406583 (審査請求中)

問い合わせ先

電話:096-368-2117(総合相談窓口)
   096-368-2101(産業技術センター代表)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。