熊本県産業技術センター

トップページ > リソース&ライブラリ > ケーススタディ

りん吸着技術の確立 「(株)日本リモナイト、西田鉄工(株)」

脱硫剤など環境浄化剤を製造販売している(株)日本リモナイト、水門メーカーの西田鉄工(株)と共同で、ダム湖なとで夏場にかけて異常発生する「アオコ」を撲滅させるため、りん吸着研究を行い、阿蘇カルデラ内の赤水地域に産出する「黒ボク土」を用いるりん吸着剤とりん吸着システムを開発しました。

支援内容

・黒ボク土のりん吸着性能評価を行うとともに、黒ボク土のペレット化を行ない、りん吸着基礎試験を行いました。
・基礎試験結果を基に、下水処理場の放流水や養豚場廃液を対象とした黒ボク土ペレットを用いる現地試験指導を行いました。

支援結果

開発した黒ボク土を原料 とするペレットを図に示し ていますが、例えば水中に 1ヶ月以上浸してりんの吸着 試験を行っても、崩れるこ とはほとんどなく、また、 りんの含有量が1ppm程度と比較的低濃度の場合、流速 を遅くしてペレットとの接触を十分行なうと、りん吸着効果が向上することが分 かりました。

今後は、実用化を目指して、 ダム湖に流入する「お茶畑」 由来の河川水などを対象としたりん吸着現地試験を行っていく予定です。

問い合わせ先

電話:096-368-2117(総合相談窓口)
   096-368-2101(産業技術センター代表)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。